明確な料金体系と紛争解決までの戦略を丁寧にご説明し、依頼者が一番何を望んでいるのかを常に意識し、依頼者の方と共に紛争解決に取り組み、事件終了時には満足いただけることを目指しています。

 

 
トップページ表題3つ用青色_べんごしまつざかのりひろの特色と信念
 
私は、弁護士になる以前に京都で人力車の車夫、IT企業の設立、法律事務所の事務職員、大阪大学ロースクール在学中も家族を養うため、ネット上での書籍販売を兼業するなどしていました。サービス業を含む多様な経験から、弁護士と依頼者が契約を結ぶ前に、1)料金については明確な料金表が気軽に当たり前のこととして閲覧できて、2)弁護士が提供するサービスの内容についても「具体的に」弁護士から説明を受けられ(そのため後でびっくりするようなことにはならない)、3)依頼した後に、どのようになっていくかの見通し(裁判することに意味があるのかどうかを依頼者側で判断できる)を依頼者が持った上で、1)から3)を総合考慮し、依頼するに値するかどうかを依頼者の皆様は決定できるべきであり、それを弁護士として実行したいと常々考えています。
 

 

トップページ表題3つ用青色_依頼後の特徴
 
事件を依頼した後は「弁護士に任せきりで何もしなくてもよい」とお考えの方も少なからずいらいっしゃいます。私も依頼したからには大船に乗った気持ちでいて頂きたいのですが、他方で、事件を直接に経験されたのは弁護士ではなく、ご依頼者です。紛争解決については、依頼された法人の担当者、依頼者ご本人、ご家族等と二人三脚で一緒に準備して戦わなければなりませんので、弁護士に任せきりで、お願いしても資料を事前にまとめて頂けなかったり、何の準備もなく、連絡が取れない、という方のご依頼は今までの経験上良い結果が出せないという事実がありますので、残念ですがお断りしています。他方で、弁護士に依頼した後は、思うことがあっても「先生にお任せします。」と言って、弁護士を立てて、我慢して伝えたいことがあっても弁護士の機嫌を損ねたくないと思われ、事務所に連絡しにくいのでは、と思っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、当職は、全くそういうことはありませんし、伝えたいことがおありの際はいつでもメールや電話で連絡していただけるような雰囲気を積極的に作り、細やかにコミュニケーションできる環境を設定しています。
 

 

トップページ表題3つ用青色_弁護士に依頼するメリット
 
弁護士に依頼することの大きなメリットの一つは、1)相手方の矢面に立たなくてよい、2)代理人を通じて、感情ではなく、法に基づいた解決ができることになります。 依頼された後は、日頃の仕事や生活の際には、陰鬱な気持ちになる事件のことを忘れていただき、弁護士との打合せの際だけ、事件のことを思いだいして、一緒に事件に取り組んでいければと思っています。

INFORMATION

専門サイトのご紹介

PAGE TOP