よくあるご質問

よくあるご質問

各質問をクリックすると、回答が表示されます。


 

弁護士について

従来はそういった法律事務所が多かったかもしれません。しかし、木蓮経営法律事務所は、新しい法律事務所の形を目指していますので、そんなことは全くございません。営業時間内ですと、即日返信をするのはもちろんのこと、弁護士とのやり取りも24時間以内に実現しています。正直、これは弁護士業界ではかなり珍しい早いスピードです。

皆さん忙しいので、簡単に・気兼ねなく連絡が取れるよう、顧問先の経営者には弁護士の携帯番号をお伝えしていますし、隙間時間にコンタクトをとれるように、LINEchatowrokで気になる案件が出てきた場合は、夜中でもメッセージを送信して頂ける環境を整えています。

顧問先のクライアント様とは、chatworkを利用し、メールのよりも、迅速・便利に情報共有を実現するようIT環境を整えています。(chatworkも含め、ITツールの導入支援もしておりますので使い方についてはご安心ください。)

弁護士になる以前に、京都で人力車の車夫、IT企業の設立、法律事務所の事務職員、大阪大学ロースクール在学中も家族を養うため、ネット上での書籍販売を兼業するなどしていました。そこで、多様な社会人経験から、以下の特徴があると思います。

① スピードが速い 

② 特化していて業界に詳しいため、収益化するためのポイントを理解できる

③ 経営者の視点で、合理的な経済の話が出来る

運送業界(残業代請求・就業規則改正・問題社員対応)(事業譲渡・株式訴訟)

労務問題(残業代請求・外国人の労務問題・問題社員対応・就業規則作成)

社労士としても活動していますので、労務問題を弁護士・社労士の両視点で解決できます

介護・医療 (カスハラ防止・パワハラ問題の改善セミナー実施、モンスターカスタマー対応・労災事故) (事業譲渡・株式訴訟)

IT系企業の諸問題(起業時の法的及び労務コンサルティング・契約書レビュー)(事業譲渡・株式訴訟)

解決事例をご覧ください

迅速・スピード重視・全力投球・常に誠実です。

私の性格ですが、実直・誠実・全力投球・手間を惜しまない・合理化が大好き・ITが大好きとよく言われます。

小さなこともコツコツと手を抜かない・依頼者のことを考えて行動する・特化したスキルを磨き続ける。こういったことを何才になっても忘れない弁護士でいたいですし、木蓮経営法律事務所のスタッフにもそのことは徹底したいと思い、採用時点から、こういったことを大切にできる意識の高い方を採用するようにしています。

「誰にも評価されなくても絶対に手を抜かない」ことにプライドが持てる人間でいることが、仕事で一番大切だと思っています。

松坂弁護士の雰囲気がわかりやすいように、こちらにクライアント様の感想、弁護士開催のセミナーの感想を集めたものを掲載していますので、よろしければご覧下さい。

顧問契約について

 顧問契約に含まれるプランの1つに、顧問先の皆様からのご相談が無い月でも、毎月のミーティングや、弁護士から電話やズームで代表とお話する中で、法的問題点に弁護士が気づくことができますので、弊所のリーガルサービスをそのつどご提案できます。

スポット的な受任ですと、どうしても、問題が起きてからご依頼頂いて、その大きくなった問題解決にフォーカスすることになります。例えば、〇〇訴訟案件にはもちろん弁護士が解決いたしますが、御社がクレーム対応(カスハラ)や問題社員対応に苦慮されていると、訴訟案件のお話の際に少しお話を伺っても、資料をいただき目を通し、労務管理に踏み込んでのご提案がなかなかできません。

顧問先様ですと、事業展開を伺いつつ、社労士としての労務管理ー例えば、職員の採用方法(委任契約・パート・ジョブ型など、御社にとってどれが最適なのか、の提案)と関連した就業規則改定など)ーについてもご提案できます。

他にも、木蓮経営法律事務所が提供する、問題社員対応セミナーのコンテンツの提供、あるいは、問題社員に対して弁護士と一緒に、事後的に訴訟案件に発展しないよう、円満解決までのステップを、少しずつ踏んでいただくことも可能です。

他にも、取引先との契約を結ぶ前の契約書チェック(非常に重要です)、不動産取引の契約書チェック日常的にしています。IT業界はこのニーズが日常的に高いのですが、今後は介護業界・運送業界にも契約書チェックは必須だと感じています。(介護業界なら入居者の事故発生時に備えたり、退職した社員からの残業代請求を受けないように。運送業界なら、辞職した社員からの残業代請求を受けないために、など。)

何でもやります・弁護士も多く色々な部門があります、と謳っている場合、とりあえず上の者が受けておいて、若手に割り振り、事件をやる中で試行錯誤し学ばせる、ということも散見しますが、

当事務所は分野を絞って特化していますので、特化した分野の知識経験が豊富であり、明快な法的回答、迅速な行動が可能になります。オンラインセミナーを随時開催していますので、参加されると弁護士の力量がおわかりになると思いますので、ぜひご参加下さい。申し込みお待ちしております。

具体的な顧問料については、セミナー時にご紹介したプランに加え、もう一度初回相談の際に、御社に最適なプランをご相談の上決定します。そして、弁護士に依頼された場合の提供するリーガルサービスを具体的に説明しています。まずは初月に木蓮経営法律事務所のリーガルサービスをご利用頂いて、工数と時間を月次報告しまして、少しずつ納得のいく形を作り上げる流れとなりますので、どんぶり勘定、ということは木蓮経営法律事務所ではありません。

事務所を開設した目的・理念

弁護士になるまでの人生

弁護士が専門分野を持つ必要性

顧問契約を締結するメリット

当事務所の顧問契約の特徴

PAGE TOP