ブログ

数十件の売掛金を回収した事例

ご相談内容

長年、船舶の修理業をさせれている会社から、数十件以上の小口の売掛金が未収となっているがどうしたらいいかとの相談が寄せられました。

法的ご提案・解決方法

まず、各取引先について、契約の成立、代金額、支払日等をの情報を一覧表で整理し、それぞれに対し内容証明郵便を発送しました。

すぐに支払う取引先がほとんどでしたが、一部には分割返済を受け入れざるを得ない取引先がありましたので、示談書を作成し、当事務所が分割金を回収させて頂いています。

弁護士よりコメント

人のよい経営者の中には、督促を躊躇される方がいますが、結果として、自社と従業員の負担になってしまいます。支払期限が過ぎたらすぐに督促することが債権回収の秘訣です。

ただ、本件のように、数十件の未収金が存在する場合には、一括して弁護士に依頼することも検討して下さい。

当事務所では、作業を効率化することで、クライアント様の作業負担と弁護士費用の負担を抑えて、可能な限り回収できるよう工夫しています。

関連記事

  1. 【パワハラ・セクハラの調査中に、自主退職した元従業員から地位確認…
  2. 訴訟提起後に和解が成立し、店舗内装工事の追加変更工事代金を回収し…
  3. ベンチャー企業・社会起業家を支援させて頂いた事案
  4. 不動産賃貸業を営むクライアント様から【民法改正後の連帯保証契約】…
  5. 倒産した建設業の職人らを受け入れる際に【就業規則の改正】・【業務…
  6. ECサイトの利用規約の作成を支援した事例
  7. 【WEBシステムの瑕疵について瑕疵担保責任に基く損害賠償請求を受…
  8. サーバー保守管理の債務不履行に基づく損害賠償請求を受けた事案
PAGE TOP