ブログ

サーバー保守管理の債務不履行に基づく損害賠償請求を受けた事案

【ご相談内容】

ホームページ作成及び保守管理をされている会社が、顧客から、データが喪失したとして債務不履行に基づく損害賠償請求を受けたとの相談がありました。

【法的ご提案・解決方法】

サイト移行に際し、データが喪失した責任を追及された事案でしたが、クライアント様に責任がないことを客観的事実経過に基づき主張し交渉した結果、請求額の10分の1程度で示談することができました。

【弁護士よりコメント】

IT関係に関する紛争を解決するには、技術に関する一定の知識と法的知識の双方が必要です。当事務所では、双方について研鑽を積み重ねています。

システム開発、保守等でお困りの際のにはお気軽にご相談ください。

特に、システム開発・保守契約では、報酬に比して損害額が多額になることが少なくありません。

したがって、契約時点で損害賠償額の上限を決めておくことを強くお勧めします。当事務所と顧問契約を締結して頂ければ、契約書の作成、チェックをすることで、リスクを軽減することができます。経営者の皆様が想像している以上に、契約書の内容は損害額を左右します。

関連記事

  1. ベンチャー企業・社会起業家を支援させて頂いた事案
  2. 訴訟提起後に和解が成立し、店舗内装工事の追加変更工事代金を回収し…
  3. 【パワハラ・セクハラの調査中に、自主退職した元従業員から地位確認…
  4. 不動産賃貸業を営むクライアント様から【民法改正後の連帯保証契約】…
  5. 倒産した建設業の職人らを受け入れる際に【就業規則の改正】・【業務…
  6. 数十件の売掛金を回収した事例
  7. ECサイトの利用規約の作成を支援した事例
  8. 【WEBシステムの瑕疵について瑕疵担保責任に基く損害賠償請求を受…
PAGE TOP