ブログ

不動産賃貸業を営むクライアント様から【民法改正後の連帯保証契約】について相談を受けた事案

ご相談内容

不動産賃貸業経営者のクライアント様から、2020年4月に民法か改正された後の連帯保証契約について相談がありました。

法的ご提案・解決方法

民法改正後は、賃貸借契約の連帯保証人が個人である場合、極度額が設定されていないと無効となってしまいます。

そこで、賃貸借契約の雛形について、民法改正に合わせ、連帯保証契約に関する条項を修正させて頂きました。

弁護士よりコメント

時代の流れが速い現代では、このように、法律が改正されると、無効になるなど、影響が驚くほど大きいことがありますので、定期的に弁護士がチェックすることが必須ではないかと思います。

当事務所では、法律の改正、新判例に合わせて、クライアント様が利用される契約書の改定も支援させて頂いています。

関連記事

  1. 倒産した建設業の職人らを受け入れる際に【就業規則の改正】・【業務…
  2. 【パワハラ・セクハラの調査中に、自主退職した元従業員から地位確認…
  3. ECサイトの利用規約の作成を支援した事例
  4. ベンチャー企業・社会起業家を支援させて頂いた事案
  5. 数十件の売掛金を回収した事例
  6. 訴訟提起後に和解が成立し、店舗内装工事の追加変更工事代金を回収し…
  7. 【WEBシステムの瑕疵について瑕疵担保責任に基く損害賠償請求を受…
  8. サーバー保守管理の債務不履行に基づく損害賠償請求を受けた事案
PAGE TOP